8月, 2015年

スタッフ紹介

2015-08-03

院長  浅田 繭美 獣医師

*大阪府立大学卒業

*ペット・メディカルアロマテラピスト

*日本ペット中医学研究会所属

*PYIAペット薬膳管理士

ペットと共に暮らす時、私も含めた飼い主が願うのは「元気で長生きしてほしい」に尽きると思います。さらに付け加えるなら「ウチの子として、幸せに暮らしてほしい」ということでしょうか。

ワンちゃん、ネコちゃんの幸せ、ご家族の幸せってどういうものだろう、特に、歳をとってきたとき、病気になった時、どのような治療、ケアが本当にその子とご家族にとって必要かつ幸せなことなのだろう、と考えながら診療をしてきましたが、慢性疾患などで、症状が複雑に絡み合ってくると、西洋医学の考え方だけでは、「症状を抑える」ことはできても、本当の意味で「身体丸ごとが元気になる」のは難しいと感じるようになりました。更に「心と身体のバランス」まで整えることができれば、「元気で長生き、そして幸せに」のお手伝いができるのでは、と思い、東洋医学やメディカルアロマ、アニマルコミュニケーションを取り入れるようになりました。

東洋医学は症状が出ている部分だけを見るのではなく、常に生き物を全体として見ます。もっと言えば、今この時代に、日本の中の○○という街の、あなたのお家であなたと暮らしているワンちゃん、猫ちゃんという捉え方をするのです。

ですから、同じような症状でも、1頭1頭異なる治療になっていく、オーダーメイドの医療です。

それぞれの動物、それぞれのご家族に一番ピッタリな診療をご提案して、病院とご家族が協力して治療にあたることを大切にしています。

そして、もう一つ。東洋医学は予防医学です。病気になってから治療するのではなく、その手前の「未病」の状態で手を打つことを大切にします。

1年目のワクチンから日常の食餌やケア、歳を重ねてからの生活、そして最後の時まで、いつでも、どんなことでも、どうぞお気軽にお尋ねください。

ホームページ更新状況

2015-08-03

まもなく、さくら動物病院ホームページが完成します。

今しばらくお待ちください。

Copyright© 2015 さくら動物病院 All Rights Reserved.