鍼灸・漢方外来

  • HOME
  • 鍼灸・漢方外来

鍼灸・漢方外来

鍼灸・漢方外来

当院では、ほぼすべてのペットを対象に「中医学的な視点からの診察」を心がけ、どのような症状で来院されても、またワクチン接種で来院されても、可能な限り全身をくまなく診察するようにしています。

ペットの寿命が延びて、慢性疾患・腫瘍性疾患や老化に伴う体の変化に向き合う機会が増えています。その中で、西洋医学による治療だけではなく「より副作用の少ない治療」や「体質改善につながる方法」などを探されている飼い主様も多くなってきています。

東洋医学・中医学では、健康とは、のバランスが取れている状態、不調はそのバランスが崩れた状態と捉えています。鍼灸・漢方治療は、その崩れたバランスを元に戻してあげることを目指しています。

症状が出ている部位(外耳炎なら耳、皮膚炎なら皮膚、足の痛みなら足)だけをピンポイントで狙うのではなく、外耳炎なら耳と関連する他の臓器が傷んでいないか、弱っていないか、全身を診て、バランスの崩れているところを探し、そのバランスを調整して、症状を改善していき、さらには再発しにくい体作りまでしていくことをゴールと考えています。

症状が消えたら終わり、では、西洋医学の治療と大差なく、漢方を使っていても、お薬を止めてしばらくするとまた外耳炎の症状が再燃することになってしまいます。そこで、今度は「少しくらい気温が高いからといって、簡単にお耳の中で菌が増えてしまう(バランスを崩してしまう)ような体」を「少々の外的ストレスがあっても自分でバランスを元に戻せる体」
にしていくための「養生」に入っていくことになります。

少し時間がかかっても、「再発しにくい」あるいは「重症化しない」ことをゴールにしていきますので、
「良い状態」を長くキープできることにつながります。

鍼灸・漢方治療

鍼灸・漢方治療

鍼灸

動物にも、人間と同じように全身に「ツボ」があり、ツボとツボの間には「経絡」という「通路」のようなものがあります。ツボは背中に多くありますので、そちらを中心に、足や、場合によってはお腹のツボも刺激しながら、痛みを取ったり、血流を良くしたり、内臓の働きを高めたりして、治療を行います。
鍼は髪の毛よりも細いものを使用していますので、痛みはありません。また、接触鍼という、刺さない鍼もあります。
お灸は、動物には毛がありますので、直接もぐさを置く方法ではなく、「棒灸」というものを用いて、間接的に、少し広い範囲で施灸していきます。これなら毛があっても大丈夫です。

鍼灸・漢方治療

漢方

漢方に関しては、現在当院では「日本ペット中医学研究会」に所属し、ペット用に特別に調整された、飲ませやすい「漢方サプリメント」を用いています。
苦い、飲みにくいと言ったイメージの漢方薬ですが、ペット用に作られた錠剤タイプのサプリメントを使用していますので、飲ませやすいというお声が多いです。はじめは戸惑うワンちゃん・ネコちゃんもいますが、おやつなどと一緒にあげると少しずつ慣れて、抵抗なく飲めるようになります。ネコちゃんは慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、好きなフードに混ぜるなどして飲ませてあげてください。

どんな時に鍼灸?

どんな時に鍼灸?

東洋医学では、「滞りがあるから痛みが出る」と考えられています。関節炎や椎間板ヘルニア、急な脚の麻痺などの症状では、鍼でツボを刺激することで血流が良くなり、症状の改善が期待できます。通常のお薬を使いながら一般診療と鍼灸を併用すると、治りが早くなることも。また、ツボは「経絡」という目には見えない通路の上に並んでいて、ツボをお灸や鍼で刺激することで通路を通じて関係する臓器に働きかけます。患部から離れたツボを刺激しても効果があるとされるのはこのためです。神経の活性化や血行促進、筋肉を緩める・緊張を取るなど、ほぐしてあげることで身体のバランスが取りやすくなり、無理な姿勢で筋肉が固まってしまうのを防ぐと言われています。

費用の目安

体格、症状によって違いますが、びわの葉温灸+集毛鍼・ローラー鍼による施術が20~30分程度で4,000円~です。

これに鍼治療、パルス療法などを組み合わせて5kg前後のワンちゃんで5,000円~6,000円程度、10kg前後ですと7,000円~8,000円程度です。